中学入試がおわり、初めての大学入学共通テストも終わり、私立高校入試もおわり、県立推薦入試もおわりました。

毎年思うことはまだ彼らは子どもです。

結果よりも大切なことは課程だと思います。

入試の前日までに自分が納得いく努力ができたかがなによりのことだと思います

本気でチャレンジしたときにはそこから大きな事を学ぶことができます。

それは必ず次につながります。

私が入試前後に子どもたちに毎年次のことを話します

いつも大切なことはその次にある

入試の結果、志望校に入れたことは嬉しいことです。

でもそれだけでバラ色の人生なんか約束されていません。

思うような結果が出ないときもそれは人間ですから落ち込みます。

しかしそこはゴールではありません。

なにも悲観することはありません。

どんなときもいつも大切なことはその次にあるとおもってその次のことを考えていくことが肝要です。

これから先くじけそうになることやいろんな誘惑に惑わされることもあると思います。

次のことを先のことを考えていればいろんなことに惑わされずに進んでいくことができます。

私自身もこの歳になってもまだそのように考えて生きております。

そして後悔はしたくないので、年明けから高校入試が終わるまでは無休で頑張ります。

遠慮なく受験勉強に学年末テスト対策にご利用ください。
(手塚康治)

お電話でのお問い合わせ

広原校

都北校

※「ホームページを見た」とお伝えください。

メールフォーム

保護者様のお名前 (必須)

お子様のお名前(必須)

お子様の性別
男子女子

お子様の学年

ご住所

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

お問い合わせ内容(必須)
ご質問体験入塾・見学その他

メッセージ本文